暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20070509]
前回ご紹介した、自然食レストランの1階に自然農作物と有機野菜の店があります。

日本に帰ってきて、何がワクワクするって、やっぱり、オーガニックショップやレストラン、カフェに行くこと。

オーストラリアでは決してお目にかかれない、料理を食べたり、食材を探すのがこれまた楽しいのです。

↓は有機野菜。にんじん、じゃがいも、トマト、ミズ菜など、有機JAS認定マーク付なのに意外と安価で手に入るんですね。

20070504185338.jpg

20070504185403.jpg

ここ2~3年で、オーガニックの支持者が急激に増えたんでしょうね。
日本のオーガニックって手が届かないほど高いイメージがあったんだけど・・・

日本では何の変哲もない食べ物の写真。
でもこれまた私は、目が輝いてしまうのです。

日本独特の調味料や食材。どれも無添加か、有機認定を受けているものばかり。

もうお店ごと買いたい気分!

20070504184914.jpg


2階の自然食レストラン『ばんまい』でお食事をした後、
こちらのボラン広場の店 やさい広場でお買い物して帰る方が多かったようです。

ちなみに店員さんはとても親切で、聞いたらいろいろ親切に教えてくれますよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ



□ こんにちわ by 麒麟cafe

本日の「手づくり市」ではありがとうございました!
帰省中だったのですね しかも海外とは! 驚きました
オーガニックティーの日記 とても興味深く拝見しました
娘のアレルギーがわかってからはやはり口に入るものの安全性を
考えるようになりました 日に3度摂る食事 知らず知らず蓄積されていく
”体に良くないもの”  改めて食生活を見直しています
これからもちょくちょく遊びにきますので よろしくお願いします!!



2007-05-10(Thu) 20:28 | URL | #- [ 編集 ]
□  by Organic Lover

コメントどうもありがとうございます!
girfecafeさんも生活の中に心と体にやさしいものを
たくさん取り入れてらっしゃいますね!
そうですね~添加物や農薬はカラダに蓄積されるものですから
“カラダに害のないものを選ほうと!”いう心がけで未来が変わってくるんだろうな、と思います。
無理しすぎず、できることから始めて、少しずつ体にいいものを生活の中に増やしていきたいです!

2007-05-11(Fri) 07:49 | URL | #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://organiclovers.blog79.fc2.com/tb.php/66-d4b7a915
copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。