暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20110731]
写真ばかりが溜まる一方で、なかなかブログの更新が追いつきません。
さて何からアップしましょうか・・・

そうそう、スクールホリデー中に、3日連続でNew Farm Parkで過ごしたこと。

目的は、長女エムのワークショップ。
ホリデーの度に長男ばかりをチェスキャンプに参加させるのは不公平なので、
今回は、歌うことが3度の飯より好きな彼女のために、ヴォーカル・レッスンを
予約しました。

1回1時間×3日。
最終日には、ギターリスト付のスタジオでマイクを持ってのプレゼンテーション。
格好から入る派手なワークショップはだったので、子供達はかなり盛り上がっていましたが、
実際にどんなトレーニングをしたかは謎。
 
ふと、Momoさんのわらべ歌のワークショップは、やっぱりよかったな・・・
なんて。

でも趣旨がまったく違うわけだし、まあ、よい経験にはなったということで。

レッスンの後は、Brisbane Riverと木々に囲まれた空間で、
緩やかな時間を 過ごしました。

エムは、木登り。
DSC_2085_convert_20110730183732.jpg

私は読書。
DSC_2163_convert_20110730180110.jpg
本に映った木の葉の陰が気になって、シャッターを押してみる。

DSC_2143_convert_20110730182018.jpg
3日間もNew Farmまで通うのはちょっと面倒かと思っていたのに
終わってみて全く苦でなかったことに気づく。
というよりむしろ、ココロがカラダよりも先にNew Farmへ向かっていたぐらい。
木の持つ癒しの力ってすごいな。

banner_04[1].gif ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。



スポンサーサイト
[20110720]
DSC_2050_convert_20110720125315.jpg

West EndのMelbourn st沿いにある赤レンガが印象的なコロニアル風の建物。
ここは、エムのお友達のお父さんがシェフ兼オーナを勤めるインディアン・レストランSitar
なかなかタイミングが合わずにいたのだけど、やっと先週、夫と二人で行ってきました。
(赤いレンガに白のフレームってやっぱりかわいい。。。)
DSC_2061_convert_20110720132540.jpg DSC_2076_convert_20110720131403.jpg
DSC_2096_convert_20110720131606.jpg DSC_2099_convert_20110720131943.jpg


店内は、ボヘミアン調。
壁が赤いせいか、店に入って席に着くと、お腹がぐるぐると唸り始める。

DSC_2080_convert_20110721161238.jpg




DSC_2111_convert_20110720125734.jpg
Vegetable Samosas served with tamarind sauce.
外はサクサク、中はしっとりの美味しいサモサ。

DSC_2132_convert_20110720130318.jpg

Chicken Madras Curry with basmati rice
トマトの酸味が効いたマドラスカレーは、私好み。


No MSG,No Preservativeで、ヴェジタリアンメニューもたくさんあるのが嬉しい。

何を頼んでいいか迷ったら、お話好きでフレンドリーなスタッフが、インド料理のこと
いろいろと教えてくれます。

ミントチャイってどんな感じなの?
とお姉さんに質問してみると、

あ、それはやめたほうがいいわよー。
インド人以外で美味しいといった人いないから。
マンゴラッシーか、プレーンラッシーがいいんじゃないかしらぁ。

この気さくさが笑えます。

子供連れには、広々としたスペースの2階がよさそう。
バースデーパーティーや、Mum's night out(もう久しく参加していない・・・)
なんかにもよいかな。


Sitar Indian Restaurant
195 Melbourne Street
West End QLD 4101
Ph: 07 3846 7271

banner_04[1].gif ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。



[20110712]
干ばつで価格が高騰したオーストラリア産のバイオダイナミック玄米。
取水規制が解除され、バイオダイナミック米の栽培が再開された後も玄米の値段は下ることなく、
オーガニックショップでは未だに$8/kg前後で売られています。

オーガニック健康生活を始めて以来、無農薬の玄米を主食としてきた我が家にとって、
この値上による打撃は大きかった・・・
家計への負担を考えて、慣行栽培されたオーストラリア産の白米に切り替えることにしたものの、
食べられないとなると玄米への想いは膨らむばかり。

そんな話をゴールドコースト在住のマクロビアンの友人にすると、20Kg入りの
NSW産バイオダイナミック玄米がByron Bayのオーガニックショップ、
Santos
かなりリーズナブルな値段で売られているというので、週末まで待ってバイロンに仕入れに
行こう・・・いや、それまで待てないってことで、インターネットでバルクオーダーをすることに
したのです。

DSC_2323_convert_20110708171456.jpg 
これが3日前に届いたNSW産のバイオダイナミック玄米。

今回私は、ネット注文したので、宅配代が$22.50掛かってしまいましたが、
お店で購入すると、20キロ入り玄米が$67.50。
1kg当たり$3.40。
ノンオーガニックの玄米を1キロ単位で買うよりもずっと経済的。

この玄米の味には驚かされました。(日本には、もっと美味しいオーガニック玄米があるのでしょうが・・・)
私達が以前食べていた、水分量の少ないドライなバイオダイナミック玄米 (あれも確か
NSW産だったはず)とは雲泥の差。
噛めば噛むほど味が出るし、もっちり炊き上がるから、玄米初心者の人でもきっと
美味しく食べられるはず。

おむすびに、ライスサラダに、スープ。
そのまま食べても、どう調理しても美味しくて、 もう我が家は玄米天国。笑
DSC_2021_convert_20110709150620.jpg
これは、大根、人参、インゲン、かぼちゃなどの残り物野菜と 油揚げで作った玄米雑炊。
昆布で出汁をベースに、味付けは、お酒と梅酢だけのシンプルなもの。

素晴らしい玄米に出逢えた感動の余韻が3日も続いたのだから、私ってかなり単純な人間
だなーって思ってしまいます。
でもこれで主食を無農薬に戻すことができたのですから、本当に有難いこと。

RainFed Riceについてもっと知りたくなって、インターネットで検索することにしました。
⇒ 続きを読む
copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。