暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20100930]
DSC_0619_convert_20101220203804.jpg 

19歳だった頃、旅行先のニューヨークで初めて目にしたのが、
このアーティチョーク。
友人のクリスマスディナーの前菜としてテーブルに上がった
この不思議な野菜の食べ方が分からず、戸惑っていると
「ガクを一枚ずつ剥がして、歯で削るようにして食べるのよ。」
と、友人が教えてくれた。

確か、マスタードベースのヴィネガーソースをディップして食べたような・・

「こんなお洒落でセンセーショナルな野菜があるんだ。。。」と
深く感動したものです。

DSC_0627_convert_20101221170933.jpg 

オーストラリアでもスーパーマーケットで簡単に手に入る
アーティチョークだけど、何故か今までご縁がなく・・
ブリスベンに移住してから5年目にして、
いつものマーケット
再会することができました。

DSC_0633_convert_20101205142809.jpg 
シンプルに塩茹でして食べてはみたけど、
んんん・・・実が少ない。。。
味はいいのだけど。。。

でも目で楽しめたので満足。

スポンサーサイト
[20100928]
DSC_1823_convert_20100923213121.jpg
RUSH MUNRO'Sは、私が昔暮らしていた街、Hastings(ニュージーラン北島、Hawks Bay)で
1926年に誕生した老舗のアイスクリーム屋さん。

Hastings市民誰もが、この80年以上も続く由緒正しいRUSH MUNRO'Sをこよなく
愛しているのです。

私のファミリーも例外ではないようで、里帰りしたJapanese daughterに
わが街自慢の無添加アイスクリームを たらふく食べさせてあげたいと思うのでしょうか。
毎回、お決まりごとのように暗黙の了解の上、連れて行かれます。

久々にお店を訪れて、目に飛び込んできたのは、Organicの文字。
人気フレイヴァーのヴァニラ、フィジョア、(これは、極上の味!)チョコが BioGroのオーガニック認定を
受けたことを知り、私もNZファミリーに負けずとして、第二の故郷のアイスクリーム屋さんを誇らしく
思うのでした。

Organic20logo20+Bio20sm[1]Organic20320pack20web[1]
(画像はウェブサイトよりお借りしました。)

banner_04[1].gif
↑ブログランキング。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキング。


↑シドニー・ブログランキング。

[20100916]
NZ Hastingsの街を5年ぶりに散策していると、オーガニックショップを2店も見つけて驚いた。
こんな田舎町にもオーガニックブームが巻き起こっているのだと嬉しく思ったのだけど、
Kiwiの友人が言うには、ニュージーランド人は、美しい自然に囲まれた生活の中で必然的に
環境保護の精神が養われているようで、持続可能な暮らしを実践している人も少なくはないそうだ。

確かに、自然を熟知し、自然と共存する術を心得ているニュージーランド人は多い。
そんな彼らは、エコやオーガニックと騒がれるずっと前から、最も自然な形で昔ながらの
ライフスタイルを続けているだけなのだ。

だからオーガニックという言葉に縛られることも振り回されることもないのかもしれない。


DSC_1946_convert_20100914174509.jpg
ナチュロパス(自然療法士)駐在のオーガニックショップ、Cornucopia Organics.

DSC_1952_convert_20100914184704.jpg
その隣には、Taste Cornucopia.
 
DSC_1956_convert_20100912195748.jpg
オーダーを済ませ席に戻り、テーブルの上に置かれていたニュージーランド版の
Cuisine誌を開いてみると、このお店が紹介されていた。
4つ星とは、なかなかの評価。

DSC_1977_convert_20100910084231.jpg
お店のお姉さんお勧めの"Catch of the day"を注文。

DSC_1984_convert_20100910085755.jpg
あまりにも美しいプレゼンテーションに感動して、夢中でシャッターを切っていると、
オーナーシェフのJamesが一言。

「今ので、$10.00ね!」

ユーモアが飛び交う楽しい空間。

DSC_1988_convert_20100909231724.jpg
コリアンダーとオレンジソース、パインナッツの組み合わせがとても新鮮。
田舎のオーガニックカフェでこんなに洗練された味に出逢えるとは思っても見なかった。


banner_04[1].gif
↑ブログランキング。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキング。


↑シドニー・ブログランキング。

[20100910]
ブログをお休みしている間、ニュージーランドに帰っていました。

DSC_1866_convert_20100908091518.jpg

DSC_1904_convert_20100908090508.jpg

DSC_1850_convert_20100908142637.jpg


DSC_1912_convert_20100908093444.jpg


「帰る」という言葉を使うと、母親によく戸惑いの表情をされたけど、いつもこう表現してしまう。

NZ人の夫に出逢うずっと前から、私の第二の故郷になっていた特別の国。

言葉を交わさなくても、抱きしめ合うだけで解り合えるということを教えてくれた、
第二の家族がいる国だから、私にとってNZは、扉が閉ざされることのない、帰るべき場所。

DSC_1872_convert_20100909094501.jpg


慢性の腎不全を患い、週に4回人工透析を受けなければ生命を維持できない
マオリのお父さんに逢いに行くためにNZへ飛び立った。

15年前にタイムスリップした自分が、透析治療を終えた直後のお父さんと再会する。
生きていることが奇跡の、その変わり果てた姿を受け止める。


別れの日、「ありがとう、ありがとう・・・・」と何度も呟き涙を流してくれた。
そのやさしい眼差し、存在すべてを心に刻む。

深い悲しみが押し寄せて、想いが言葉にならなかった。
だけどきっと伝わっていると信じられる。

逢えてよかった。

これが最後だとしても後悔はない。



banner_04[1].gif
↑ブログランキング。



ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキング。


↑シドニー・ブログランキング。

copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。