暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20081030]
かなりTomboy(おてんば娘)の長女M。
だけど意外とお掃除好き。
お皿洗いや、お皿拭きをさせるとこれまた丁寧な仕事をするのです。
やっぱり女の子なんだ~(?!?)と感心します。

この日は、彼女に床掃除をお願いしました。
バイオピュアでお掃除!
床にスプレーして雑巾でゴシゴシゴシ。いつになく真剣です。

ケミカル・フリー・キッドを目指すMが使っているクリーナーは、成分の95%以上が
オーガニック認定済みの原料で、残りの5%も天然のものでないと認定が下りないという、
ACO(Australia Certified Organic)のロゴマーク付です。

Food Grade(食品基準)の認定なので、食べても安全。
もちろん食べたりはしませんが、口に入っても全く害のないクリーナーのお陰で、
我が家のお掃除は、ストレス・フリーで楽しいものになりました。


シンクやレンジ、オーブン、まな板の殺菌も、窓、トイレ、バスタブ、タイル、食事後の
ダイニングテーブルや床の拭き掃除もこのクリーナー
もう何でもこれ一本で安全にクリーニングできてしまいます。

「化学成分なしにどうやって汚れを落とすのか?」
と言いますと、クリーナーに含まれているプロバイオティック・バクテリアと抗酸化、
酵素が油汚れや表面のよごれを分解し、悪臭も取り除いてくれるのです。

また、殺菌することを目的とする他の殺菌用洗剤とは異なり、プロバイオティクスが
良い菌をどんどん増やし、悪い菌を退治し、自然な形で健康的かつ清潔な環境を
作り出してくれると言うわけです。

3歳児にも安心して手渡せるクリーナー。
快適な暮らし作りを応援してくれています。


バイオピュア
床が終わったら窓拭き。
ティピー・トー(つま先立ち)でシュッシュッ、ゴシゴシ。
これからはもっとお手伝いしてね~

スポンサーサイト
[20081024]
長男のDは、モーニングティーにシリアル・バーを持ってくるクラスメートが羨ましいようで、
スーパーマーケットについて来る度に、「ねえ、マミーこれかって~。ヘルシーだよ。プレップにもっていきたいの・・・」とせがんできます。

いつもはクラッカー、ドライフルーツ、野菜スティックや季節のフルーツ。時間に余裕がある時は、マフィンやミューズリー・バーを手作りするのだけど、パッキングされた市販のものは、スペシャルだと思っているようなのです。

Dの憧れの市販のシリアル・バー。彼の素朴な願いを叶えるために、成分表と睨めっこ。

No Junk(ノー・ジャンク)
No preservatives(保存料なし)
No artificial colours (人工着色料なし)
No artificial flavours(化学調味料なし)
No added sugar (砂糖なし)

これに決まり!即購入。

hiphop_header(1)[1]

jacaranda 056
Smart Snackの hopper フルーツ&シリアル・バー。

⇒ 続きを読む
[20081021]
この夏、里帰りした時に日本に長期滞在している友人が、”ジャカランダの写真をブログに載せて!”と言っていたのが気になって、彼女のブログを開いてみると、オーストラリアの春を告げるこの花をとても懐かしがっていているようだったので、サンデー・マーケットの帰りに、Holland Park というサバーブにあるジャカランダ並木をカメラに収めてみました。
jacaranda+008_convert_20081021120221.jpg
花びらが地面に落ちてできる紫色の絨毯。

ジャカランダは、日本で言うと桜のような花。“オーストラリア人の心”とまでは言えませんが、オーストラリアの春を象徴する植物の1つです。

私たち家族がオーストラリアに移り住んで初めてこのジャカランダを見た時、日本の桜の美しさには敵わないなんて思ったものです。あれから数年経った今、春になると街を紫色に彩るこの可憐な花に癒されている自分がいます。感覚も環境の中で変っていくものなんだな・・・と、当たり前のことを思い、ちょっと切ない気分になったのでした。

*スパム防止のため、コメントは承認後に表示されます。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!
[20081019]
オーストラリアのテレビ局、Channel 9 のニュース番組、A current affairで、私が取り扱っているオーガニック製品の
ベビーケア製品が紹介されました。

「子供達が化学物質の危険にさらされている」と題されたニュースで、Chemical Free Kids
- Raising Healthy Children in a Toxic Worldの著者、サラ・ランツ博士(Dr Sarah Lantz (PhD) )は、
スーパーマーケットに陳列されているボディケア、スキンケア、ヘアケア製品などの日用品に含まれる
化学合成物質が子供の肉体と精神にどれ程の影響を及ぼしているのか深い懸念を示しています。

Dr サラ・ランツ の研究結果によると、現代社会はケミカルに汚染されていて、その結果として喘息や
多動症候群、自閉症などの精神上の問題を抱える子供の数が激増しているとのこと。

また、“オーガニック”とラベルに書かれた、完全に植物由来であるべきはずの製品に、防腐剤などの
石油系の原料が含まれていものが多い、と指摘しています。

危険な有害物質から子供を守り、この汚染された社会で子供を健康に育てるにはどうしたらいいのでしょうか?



bookpic[1]

Dr サラ・ランツ は、以下の6つの例を挙げています。


■ 敏感な消費者であること ■

どれが無害で、どれが有害なケミカルなのかを把握する。
フタル酸類、ラウリル硫酸{りゅうさん}ナトリウム、コカミドDEA(ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド )などの有害物質を避ける。

■ 特定のケミカルに注意を払う ■
ラベルに書かれているすべての番号に批判的であること。またはその成分を調べる。

■ オーガニックまたはナチュラルを謳った商品に注意する 
必ずACOなどの認定マークが付いているかを確認する。

■ 無香料を選ぶ ■
赤ちゃんの肌には、人工香料は必要ない。

■ 化学合成物質にさらされる量を減らす 
子供のおもちゃ、与えている食べ物、肌に付けているものの成分や素材を見直す。

■ 毎日のボディ・ケアはシンプルに! ■
できるだけシンプルなケアをする。



Dr サラ・ランツ の著書、Chemical Free Kids - Raising Healthy Children in a Toxic Worldのように、
ケミカルを完全に排除できない社会で、いかに子供を健康に育てるかということは、私にとっても大きな課題です。

[20081018]
お友達のお義父さんが、来る日も来るも素手で虫退治をして健康に育てた栄養一杯のセロリと
Mizuna(水菜)をおすそ分けしてもらいました。

mizuna 008mizuna 017

新鮮で瑞々しくてクリスピーなお野菜は、やっぱり生!
栄養素をそのまま吸収したい~!と、カラダからのシグナルを察知し、

こんな感じに創作。
mizuna+020_convert_20081018152820.jpg
水菜とセロリのNutty Salad

水菜とセロリのほかに入れたものは、チキン、ウォールナッツとアーモンドスライス、赤たまねぎ。
和の味のサラダにしたかったので、ドレッシングに醤油少々と刻み海苔をちらしてみました。

香りがきついもの同士の組み合わせ。
さっぱりしてるけど、インパクトのある味に仕上がってます。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!
[20081013]
抗酸化 ベリーラディカル
子供達を寝かしつけて、全ての家事を終えて、
やっと一人になれる時間。

お気に入りの音楽をかけ、ソファーに深く腰を下ろし、
読書に耽る。自分を取り戻せる時間。

そうだ。とびっきり体にいいドリンクを作ろう。

ベリーラディカル・・
10種の抗酸化成分が活性酸素によるダメージを抑えてくれるスーパーフード

カップに一袋分(ベリーラディカル)、米飴、ソイミルクを入れて
お湯を注ぎ、よくかき混ぜると
ホット・ベリーラディカルの出来上がり。

口に含んで飲み込むと溜息が出た。

明日もまたがんばろう。


[20081010]
natural+bridge+028_convert_20081004204212.jpg
スプリングブルック国立公園を散策した後、Numinbah Rdを下り、Tweed Headsへ向うことにしました。
写真は、Hopkins Creekのとある風景。
州境を越えNSWに入ると、木々の緑がより一層深みを増します。


natural bridge 040natural bridge 042
Crystal Creekの無人のバナナ販売店。
お代は、オネスティー・ボックスに。

森から海へ。
natural bridge 001


子供達は、Tweed Headsのビーチで海水浴。
natural bridge 059natural bridge 009natural+bridge+049_convert_20081010065318.jpgnatural+bridge+045_convert_20081010070823.jpg
ビーチでなら、3時間でも4時間でも子供の相手をしても飽きない、というかなりの海派のダディー。
空と海の青さに癒されながらもナショナルパークの森の中に帰りたくて仕方ない自分は、山派の人間・・・ということをオーストラリアに来て初めて気付くのでした。


banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!




[20081009]
natural bridge 034スクールホリデーの最終週。遠出しても日帰りできるスポットはどこか?と考え思いついたのが、世界遺産に登録されている、スプリングブルック・ナショナルパークとラミントン・ナショナルパーク。
クイーンズランドとNSWの州境近辺にあるこの二つの国立公園は地図上では、ほぼ隣り合わせの位置にあるので、一日で両方を回ることを計画していたのだけど、道中に、この2箇所を繋ぐ道がないことに気付き、今回は、先に向っていたSpringbrooke National Parkを選び、Lamington National Parkを見送ることにしました。
スプリングブルック・ナショナルパークへは、うちから車で90分ぐらい。ブリスベン中心部からだと車で100キロほどだそう。

目指すは、ナチュラル・ブリッジ。

緑のエネルギーをいっぱい浴びて・・・
natural bridge 072


natural+bridge+017_convert_20081009063906.jpg
ロープのように長い枝。上を見上げると・・

natural+bridge+016_convert_20081009182952.jpg
自然の成せる技。

natural bridge 015
朽ちた木のトンネル。


何百万年掛けて自然が作り上げたナチュラル・ブリッジ(ナチュラル・アーチ)。
natural+bridge+093_convert_20081008113202.jpg

洞窟に滝が流れ込む。神秘の世界。

natural+bridge+096_convert_20081008113555.jpg
自然に勝る美しさってあるんだろうか?






banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!

[20081002]
goma+005_convert_20081001165902.jpg
スクールホリデー中の火曜日。
Eをチャイルドケアーに送っていった後、休暇中のダディとDの三人で電車に乗って
サウスバンクへ向いました。

この日の目的は、Queensland Museum South bankGOMAに併設されているChildren's Art Centreにあります。

州立の博物館では、Dashing Dinosaursというホリデー期間限定のフリー・アクティヴィティーに参加。 
そう。男の子が大好きな恐竜に関するイヴェントです。

goma 008goma 013goma+032_convert_20081002080532.jpg

ミュージック&ダンス・ショーで思いっきり弾けた後は、恐竜の繁栄の軌跡を辿ったBBCの
CG長編フィルムを鑑賞。

Dは、文字通りの弱肉強食の世界を見せ付けられ、次々と席を立つ親子達に脇目も振らず、
恐竜の世界にのめり込んでいる様子。1時間半もよくもまあ怖がらずに、飽きることなく
座っていられるものです。

お昼を館内にあるカフェで済ませた後は、隣接しているGOMAへ。
こちらでは、アーティストのワークショップに参加することにしました。
用意されたクラフト材料を使い、好きな飛行機をクリエートするという企画。
goma 038goma 042
goma 055goma 060

Dは、飛行機を5種類も完成させました。
私も久々のクラフトに、Dをほったらかして没頭し、出来上がったのがテーマと全く関係のない
南米系のギター?!?

Eには少し申し訳なかったけど、彼女がいなかったお陰でDの好きなことを好きなだけ
させてあげることができたし、彼だけに注目する時間を持てたのがよかったかな。
今度は、Eも連れてきて参加させよう。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!

copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。