暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20080930]
kidsfirstlogo_r1_c1[1]

イギリスで有害性の高い6種の添加物が廃止されたそうです。
オーストラリアでも、このキッズファーストキャンペーンに参加し、同種の添加物の廃止を食品規制当局に申し立てる予定だそう。
一人当たりの添加物の年間消費量は約5キロと言われているオーストラリア。
これにより、子供達が口にする食品の安全性が少し高まるわけですから親としても嬉しい話です。

オンラインでこのキッズ・ファースト・キャンペーン(添加物廃止運動)への署名ができるようになっているのでみなさんもぜひ参加してみてください。

(以下、ONEグループニュースレターより)

イギリスの全ての食品から6種類の人工着色料が取り除かれました。
子供の成長に鉛と同じような影響を及ぼすためと科学者達は述べています。
これらの着色料は新しいキャンペーンの中心とされ、100名以上の影響力のある医師、教育者、
食品製造業者、子供のサポートサービス関連などによって支えられています。
6つの着色料 (Tartrazine 102, Quinoline Yellow 104, Sunset Yellow 110, Carmoisine 122, Ponceau Red 124and Allura Red 129)は、現在イギリスにて、取り除く作業が行われており、2009年度末からEUではこれらの着色料を含んだ製品には “子供に副作用が見られることがあります。” という注意事項をつける予定です。

キッズファーストキャンペーンでは、イギリスに次いで、オーストラリアの食品から6つの添加物を禁止することをオーストラリアの食品規制当局に申し立てる予定でいます。

オンライン嘆願書に署名してくださる方はどうぞこちらから: http://www.additivealert.com.au  (このページの真ん中の "add my name... "から) 

喜ばしいニュースとしては、オーストラリア・ニュージーランド食品基準委員会 (FSANZ)の行政委員会は10月の議題としてこの問題を挙げることに同意したことです。水面下であやふやにされてしまわないためにも、皆さんの嘆願書が必要なのです。既に4000人以上の方が署名してくれています。目標は1万人です。
どうぞ、皆様もご協力お願い致します。このような有毒化学物質が子供たちの食べ物に入っていてはいけないのです!

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!

スポンサーサイト
[20080924]
organic rice 017
豆腐、インゲン、ニンジン、トマト、ジンジャーにガーリック・・・
大好きなクミンを効かせたキーマカレーもどき。
オーストラリアの異常に硬い木綿豆腐は、こんな時に大活躍。

最近では、週に2、3回は、マクロビオティックのレシピでディナー作るようにしています。
動物性のものを一切使わなくても、大豆タンパク、車麩、豆類などの食材は調理次第で
食べ応えがあるので子供達も気に入っている様子。

あと、マクロビオティックのスイーツ。
オーガニックマーケットで食べた、砂糖、乳製品、卵を使わないヴィーガンタルトの美味しさに
衝撃を受けてからずっとレシピ本を探していて日本で見つけたのがこれ。

51azs3SkOVL._SL500_AA240_[1]
エリックのマクロビオティック・スイーツ



いろんなマクロビオティック・スイーツ本が出版されているけど、この方のスイーツは
ほんとに美しくて、「作ってみたいな。作れるかな?きっと美味しいだろうな。」
と思えるレシピが満載。

甘みは、米あめやメイプルシロップ、アップルジュースでつけ、チーズの代りに
豆腐やタヒニ(ゴマペースト)を使ったり・・・
こんなカラダにやさしいスイーツを美味しく作るため今、特訓中です。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!







[20080918]
sirromet 011
「バースデイのお祝いは、日本から帰ってきてから。」
私の誕生日の朝に、仕事に戻っていったダディーのその言葉を私が忘れるはずがなく、
ブリスベンに戻って早々にちゃんと念を押しておきました。
そして翌朝に訪れたのが、Mount Cottonにあるワイナリー、 Sirromet
(空との境界線に見えるのは、Moreton Bay だそう。)

「すごく景色のいいワイナリーがあるんだけど、そこでピクニックしない?ワイン・テイスティングもしようよ!」と友達に誘われ、初めてここに行ったのは去年の冬だったかな?

この日は、二人きりの、ブレックファスト。

美しい景色を眺めたり、会話に没頭したり・・
何かに集中できる時間ってとっても贅沢なんだとしみじみ思うのです。

sirromet 009
サーモン・エッグベネディクト

sirromet 005
ソーセージとサワドウ・ブレッド、アボカドとスピナッチ添え


Restaurant Lurleensでは、卵はフリーレンジ、野菜はオーガニック。 Sirrometの敷地内でも、果物や野菜、ハーブなどを有機農法で育てているのだそう。毎年必ず何かのアワードを受賞するのが頷けます。また、ここのカプチーノやラテも美味しかったこと。

こんなにリラックスして朝食を取ったのは何年ぶりだろうか?

自然と笑みがこぼれます。


sirromet 025sirromet 022Tea and mount cotton 063Tea and mount cotton 033sirromet 042sirromet 040


banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね。

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。




[20080914]
harvest 2008 078
日曜の朝。
いつもよりずいぶん遅く家を出てオーガニックマーケットに向う。
買い物を手早く済ませた後は、楽しむ準備万端。
そう、今日は年に1度のHarvest Festival

(*ブリスベン・シティー・カウンシルとBEMAC(ブリスベン多文化コミュニティー)主催の
マルチカルチュラル・イヴェント)



各プログラムの開始時間まで、チキンと遊ぶ子供達。
harvest 2008 041
パーマカルチャーのニワトリ小屋だから、移動式。
前回とは違う場所にいたニワトリさん。

harvest 2008 029

harvest 2008 051
キッズ・ガーデンで、子供向けのプログラムの説明を受けた後、

子供達が、最初に挑戦したのが、マッド・ペインティング。
harvest 2008 059harvest 2008 056

ちなみにこれもマッドペイント。
harvest 2008 065

その他に、フェイスペインティング、コスチュームメイキング、パフォーマンスなど盛りだくさん。
harvest 2008 023
大人向けのプログラムは、Northey Street City Farmで育った
野菜を使ったクッキング・ワークショップ(アフリカ、インドネシア料理)や、
パーマカルチャー・ガーデニング・ワークショップ、ファーム・ツアーなどなど。

すべて無料。

ん・・・・・・。受けられない・・・・(泣)。

来年は絶対にダディーを連れて行かなければ。

harvest 2008 071
シティー・カウンシルからもらったフリー・ツリー。
これで驚きの3人分。
それだけ住民が税金を支払っているということか。
納得。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックどうぞよろしくお願いしま~す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。

[20080910]
子供達は、ブリスベンに着いた翌日から、日本に里帰りしていたことがウソのように、すんなりと日常に戻っています。
ブリスベンは春になり、過ごしやすい季節となりました。そういえば、お友達が、“オーストラリアの春の風物詩、ジャガランダの写真をブログにアップしてね。”なんて言っていたっけ。

さて、1ヶ月前のお話。
子供向けの無料イベントが近所で開かれることを知り、友達を誘って行ってきました。

lions club event 003
青空の下で浮かぶ物体?!?
これなんだと思います?
⇒ 続きを読む
[20080908]
東京には、魅力的なオーガニックやマクロビオティック系カフェが多いけど、地元関西にも探せばステキなところがあります。特に西宮エリア、芦屋、神戸・岡本、六甲には、オーガニック&ナチュラル系のおしゃれなカフェが集中しています。
阪急夙川駅周辺に住んでいた独身時代。週末によく二人でカフェ巡りをしていたなー。

さて、日本里帰り編、最終回は昭和初期に建てられた民家を改装してできたこんなカフェを紹介します。(といっても3つしか記事をアップしてないんだけど・・・)
IMG_2829[1]
(↑の画像はtete a teteのウェブサイトより)
神戸六甲のハイソなエリアに位置するパティストリー&オーガニックカフェ、tete a tete
⇒ 続きを読む
[20080905]
ブログで知り合ったPatchouliさんに逢うために日帰りで東京に行ってきました。
もちろん子供達は両親に預けてのことです。(うちのモンスター達を連れて行くなんて
考えただけで、あぁぁぁ・・・・)
彼女に逢うのはこれで2回目。前回里帰りした時は、彼女が大阪まで来てくれました。

Patchouliさんに “Organic Tourお願いしますね~”なんてちょっと冗談交じりで言っていたんです。
この方、絶対に人の期待を裏切りません!本当に“Organic Tour in Tokyo”を企画してくれたんです。
しかもスケジュール表まで作ってしまうという念の入れよう。私にPatchouliさんのようなマメさと
細やかさがあればなぁ~。嗚呼、肖りたい、肖りたい・・・

tokyo organic tour 004 tokyo organic tour 009

さて、Organic Tour一軒目は、恵比寿ガーデンプレイス近くのオーガニックレストラン
「アサンテサーナカフェ」
。私は、写真右の日替わり雑穀プレート。
Patchouliさんはハーフ&ハーフカレー(野菜カレーとココナッツのチキンカレー)をオーダー。
私の雑穀プレートは、出汁も昆布と椎茸で取っていて、動物性の食材は一切使っていない
そうだからマクロビオティックスですね。どれも薄味で素材の味が引き立っていました。

そして次は、中目黒にある、ヴェジスイーツの店、『パティスリーポタジェ』へ。
ここは、日本初のオーガニック野菜スイーツの専門店。そう、ここのすべてのスイーツは
野菜で作られています。

tokyo organic tour 017


ハート型のは、「ブラッドオレンジと赤パプリカのムース」、右隣は、『ビーツのタルト』
そして一番奥のが、ズッキーニとキャロブのムース。
「野菜のスイーツが本当に美味しいのだろうか?」と半信半疑でしょ?でもこれかなりいけるんです。
私は、特にズッキーニとキャロブのムースの旨さに脱帽。ズッキーニの味がほんのりして青臭さが
まったくないんです。甘みもあっさりしていて、とても食べやすい。このお店は、有機野菜だけではなく、
その他の食材もすべて天然素材を使用しています。

tokyo organic tour 074

こちらの焼き菓子は、Patchouliさんが子供達へのためにプレゼンしてくれました。
(オーガニックチョコとコーヒーも頂きました。どうもありがとう!)

野菜スイーツなんて斬新だなと思いますが、トマトもアボカドもフルーツなわけだから、
こういうスイーツって今まで出てこなかったのが不思議と言えば不思議かな。

さて、この後は表参道の『天然酵母パン屋アコルト』へ。
tokyo organic tour 041tokyo organic tour 044


この店のこだわりは、巷のオーガニックを謳っているベイカリーとは比較になりません。
原材料は、無農薬栽培の認定オーガニックを使い、全ての商品は砂糖、肉、魚、卵、
乳製品等動物性のもの一切、イ-スト、重曹、ベーキングパウダー、保存料などの
添加物などを使わないというマクロビオティックの考えに基いているそうです。
水は天然水、塩は、完全天日海塩、酵母は自然酵母サワードウ、などなど。
しかも、オーガニックの材料が手に入らない時は、低農薬等で代用するのではなく、
欠品にするんですって。これは“究極のパン”といえるのではないでしょうか。
私は、試食して気に入った、写真右上ののランブロートを購入。

次は、アルコットからそう離れていない『Brown Rice Cafe』で一休み。
ここがオーガニックツアーの最終地となりました。こちらでは、オーガニック黒豆のソイラテを注文。
tokyo organic tour 062 tokyo organic tour 075 tokyo organic tour 071

大雨のため、新幹線が1時間40分遅れてしまったのも拘らず、暖かく迎えてくれたPatchouliさん。
5時間ほどでこれだけの店を回れたのは、彼女の綿密なスケジュール設定のお陰です。
今度はオーストラリアに来てね~♪


[20080903]
Mino no taki 051
緑のもみじ。
鮮やかな美しいもみじの色に感動したのは、日本を離れてからだなんて、ちょっと恥ずかしい話です。
もみじといえば紅葉の赤というイメージがあったけど、この爽やかな黄緑色は、心の中にやさしく印象付けてくれます。
⇒ 続きを読む
[20080902]
久しぶりの更新です。
実はこの間、子供達と共に日本に帰っていて、一昨日にブリスベンに戻ってきました。

10日間の短い里帰りだったけど、“じいじ&ばあばから、愛情をたくさんもらう”という、
今回の旅行の目的は、十分に果たせたように思います。

“日本語でちゃんとコミュニケーションがとれるのか?”という母の心配をよそに、
日本に上陸するや否や、子供達の頭の中は、日本語モードに切り替わっていました。
普段の二人の会話は英語だというのに、たどたどしくはあるけれどちゃんと
日本語でお話しているんです。
本当に、子供の順応性に驚かされます。

さて、今回の滞在でもたくさん写真を撮ったので少しずつアップします。

それでは一回目は、自家栽培の穫りたて有機野菜といきましょう。

今年で100歳になる祖母が近所に畑を借りて始めた家庭菜園。
今では、娘である私の叔母と母が後を引き継ぎ、野菜や果物を育てています。

↓が朝穫りの新鮮有機野菜です。
Mino no taki 002
紫色の皮にポリフェノールの一種であるアントシアニンを含む茄子、ビタミンCの含有量は
ピーマンの2倍のカプシカム(日本ではパプリカかな)、食欲増進、肝機能を高め、
血糖値の降下にも効果的なマモルデシンと言われる苦味成分を持つゴーヤ
血中のコレステロールを減らし、血圧を下げる効果のあるペクチンを多く含むオクラ

Mino no taki 006
そして、栄養成分はピーマンとほぼ同様のししとう、ほうれん草より栄養価が高い
つるむらさき、カロチンの含有量が緑黄色野菜の中でトップ1のモロヘイヤ

自然の恵みの味。ばあばによってシンプルに調理された有機野菜は、深みがあって
やさしい味がしました。

子供達を連れて畑を見学する予定が、雨のため中止。
サツマイモ堀を経験させたかったな~

copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。