暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20080531]
nuts ham  olive 029

イベント系トピックに押され、長期保存されていたこのネタを一気にアップし、5月を締めたいと思います。

nuts ham  olive 052ヨーロッパ系移民のアダムの店、ここAdam's Continental Small goodsは、扉を開けると、ヨーロッパの雰囲気が漂ってきて、オーストラリアにいることを忘れさせてくれます。(別に忘れたいわけではないのだけど・・・(笑))
従業員は、ドイツ語圏からの移民が多いようで、店内では、ドイツ語をよく耳にします。
店員はみな愛想が良く、サービスもすばらしい。
テイスティングは好きなだけさせてくれるし、はじめての客には、おすすめのハムなどを少量包んでくれたり、子連れで行くと必ずチョコをくれます。(これはあまり嬉しくないけど・・・・)
最近、肉をほとんど食べなくなった私がこの店を利用するのは、ダディーが帰ってくる時、と限られているのだけど、ハムとソーセージを買うなら絶対この店!
昔ながらの製法で作られたハムやソーセージは、無添加で奥の深い驚きの味です。お値段もリーズナブルで、スーパーのデリとさほど変りません。
ほぼ同じ値段、または、プラス$1~$2でこんなに美味しくて体にも負担が少ない加工肉が食べられるなら安いものです。

nuts ham  olive 048nuts ham  olive 055nuts ham  olive 062
nuts ham  olive 060nuts ham  olive 050nuts ham  olive 059

私のお気に入りは、Black Forest(プロシュート)とLux Ham、スパイスとハーブが効いた生のソーセージ。プロシュートは、塩梅がすばらしいのでロケット(ルッコラ)や赤たまねぎと一緒に混ぜてサラダにすると、塩を入れなくてもいいぐらいです。
Lux Hamは、子供たち用のサンドイッチの具に。生ソーセージは、バービー(バーべキュー)にします。スモークしたフランクフルトソーセージなんかは、噛むとパリっと音がするし、中はジューシーですごく美味しいのだけど、私にはちょっとリッチすぎて、食べた後、胃がもたれてしまいます。ヨーロッパ系のお客さんを観察していると、このスモークソーセージ、しかもチーズ入りなど、さらに濃厚なものを2kgや3kg単位で買ってました。

チーズセクションで、Timboonのオーガニック・ブルー・ブリーを発見!(写真右上)
スーパーやマーケットでは、小さいホールで売ってますが、さすがデリ。直径30cmの大きなホールを量り売りしていました。チーズの値段は割高かな?

カメラを片手に店に入ったこの日、経営者でもあるマーガレットとお話をすることができました。

とてもステキな笑顔の持ち主の彼女。“添加物は使っていないのですよね?”と改めて質問すると、

“保存料や、着色料、化学調味料などは一切使用していないのよ~”と答えが返ってきました。

合成保存料なしでハムやソーセージを作るには、大量の塩と少量の砂糖がポイントなのだそう。
でもここのハムやソーセージは、塩辛くないんです。
まあ、そこは企業秘密なのでしょう。

“ブログに載せたいから写真を撮ってもいいですか?”と聞くと、

“ブログに載せてくれるの~ステキ!好きなだけ撮って!それは何のブログなの???

とこころよく了解してくれただけではなく、カプチーノとチョコレートをごちそうしてくれました。なんて太っ腹!商売上手!!!
せっかくなので、サンドイッチ(ハム&チーズ&サラダ)を買って、カフェテリアになっている店のベランダでランチしてきました。
nuts ham  olive 065
nuts ham  olive 001

1つ3ドルのサンドイッチ。美味しい無添加ハムで作るサンドイッチは格別です!

知る人ぞ知る、ADAM'S Continental Smallgoods。
工場地帯のへんぴなところにあるにも関わらず、いつもお店には人で溢れかえっています。

ハムやソーセージのほかにサラミ、ベーコンなどの加工肉は40種以上あり、ポーク&ビーフなどの生鮮肉やヨーロッパ系グロセリーもかなり充実しています。

初めて行く人は、初めてだということを伝えてくださいね。そうすると予想外のサービスが期待できるかも!

ADAM'S Continental Smallgoods
206 Cobalt Street Carole Park
Tel: 3271 3044
Monday to Faiday 7.00am-5.00pm
Saturday 6.00am-1.00pm


banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックどうぞよろしくお願いしま~す♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。
スポンサーサイト
[20080529]
Deeは、まだ5歳だというのに、自分の髪型が気になるらしく、
“ねえ、マミ~、スパイキーヘアーしたいの。オーガニックつけていい?”
と、よく聞いてきます。

5歳なのに、ちょっとませてない???と、思うのですが、
プレップに行くと、ワックスで髪の毛をツンツンに立たせている男の子って結構多いんですね。

Dも、いまどきの子供ということでしょう。

さてさて、Deeのお気に入りのオーガニックのヘアスタイリングジェルは、
髪や頭皮を健康にしてくれるミラクルスタイリング剤。オーガニックハーブと、オーガニックローズヒップオイルが髪だけではなく頭皮にまでも栄養を与えてくれるのです。
食品基準のオーガニック認定(ACO)を受けているから、子供にだって思う存分使わせられる!
我が家ではこれ重要!

今日もこうやって適量を手にとって、自分でスタイリング。
hair 079 hair 038


こんな感じに仕上がりました。
hair 051


さあ、次はM愛用のヘアリペア
パンテノールとオーガニックローズヒップオイルが髪に潤いとつやを与え、コシのある
健康な髪にしてくれます。
こちらは、ACOUSDAのダブル認定付き!

Dにスプレーしてもらって、
hair 052


しっかりブラッシング。
寝癖もきれいになくなりました。
毎日使ってると天使の輪もできます!
hair 058 hair 071
Eがまだ猫毛のロングヘアーだった頃、もつれた髪のクシ通りをしてくれたのが、
このヘアリペアだったんです。
スプレーしてからブラッシング(コーミング)すると、驚くほどきれいにもつれが取れます。

髪の毛を切ってからは、(Deeに丸坊主にされてからは!)なぜか髪質が変って、
コシのある固めの髪になりました。
これってもしかしたら、オーガニックヘアケア製品のお陰かもしれない!!!と喜んでいます。


[20080528]
さて、前回予告したとおり、今日の本題は、パーマカルチャーの理念に基づいて作られた、Northey Street City Farmについて。

Northey market 2 124パーマカルチャーとは、オーストラリア発祥の理論で、パーマネント(permanent持続的・永久の)、アグリカルチャー(agriculture 農業)、カルチャー(文化)をかけ合わせてできた造語。
人間にとっての持続可能な暮らしをつくり出すためのデザイン体系のことです。

簡単に言うと、環境に負荷をかけず、自然と共生しながら生きて行くためにはどうしたらいいか?を考え実践していくこと。有機農業がこの理論の軸となっています。

ここ、Northey Street City Farmでは、“都市部に住みながら、いかに自分で野菜や果物などの食料を育て、持続可能な暮らしを送ることができるか?”、などをテーマにした初歩的なワークショップから、TEFEの(オーストラリアの州立の職業訓練専門学校)園芸コースや、パーマカルチャーの講師になるための資格取得コースまで受講することができるそうです。

Farm内には、毎週日曜日に開催されるオーガニックマーケットをはじめ、オーガニック・ガーデン、果樹園、苗床、コンポスト、ワーム・ファーム(ミミズのコンポスト)、チキントラクター(移動式ニワトリ小屋)などがあり、運営は、ボランティアの助けを借りて行われています。

有機農園などで労働力と食事・宿泊場所を交換する、WWOOF(Willing Workers On Organic Farms)も、オーストラリアのオーガニックファームでは頻繁に募集しています。
それでは、ファームの中をのぞいてみましょう。

こちらは、Edible Landscapes Nursery(苗床)。そして健康に育てられたオーガニックの苗たち。
Northey market 2 127 Northey market 2 194


成長中の苗。鉄網を被せて害虫の侵入を防ぎます。
Northey market 2 200 Northey market 2 199


Northey market 2 032Northey market 2 198
Edible Landscapes Nurseryの入り口で目にした看板。納税しているブリスベン住民は、希望すれば毎年2本の木をブリスベン・カウンシルから無料でもらえるそうです。その苗がここで育てられているんですね。

Northey market 2 059
こちらは、チキントラクターという移動式のニワトリ小屋です。ここでニワトリは雑草と害虫、そしてファーム内から出た生ごみを処理し、鶏が排出する糞は、土壌を改良してくれます。定期的にトラクターを移動して、土を肥やして行くんですね。なんと理にかなった循環システムなのでしょう!




Northey market 2 190

Herb Spiralは、渦巻き型のハーブガーデン。高低差を持たせることによって水はけの違いを出していて上部には、乾いた土を好むもの、下部には湿気、日陰を好むものが植えられています。
これももちろんパーマカルチャーの手法です。
写真を撮り忘れてしまいました。実物をお見せできないのが残念・・・

オーガニック・ガーデンですくすく育つ植物たち。
Northey market 2 111Northey market 2 108Northey market 2 113
Northey market 2 139Northey market 2 152Northey market 2 118

左から2番目(下)のロゼラ(ハイビスカスの一種)がかわいい!

オーストラリアに来てはじめて出逢ったパーマカルチャー。
これで未来図を描きたい!知れば知るほどそう感じてしまいます。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。
[20080523]
先週の日曜日。いつも通り5時起床で、Northey Street City Farmで開かれる、Organic Marketに行ってきました。

我が家からウィンザーのマーケットまでは車で30分ほど。
日本に住んでいたときは、早朝から、時間をかけてマーケットに行くなんて考えられなかったけど、オーストラリアのような大きな国にいると、30分の運転なんてどうってことありません。
空いたハイウェイをかっ飛ばし、朝のフレッシュエアーを思う存分浴びると早起きは三文の徳だ!とつくづく感じます。
(制限速度は遵守です!ご心配なく!)

さて、Northey Marketは、以前にも記事にしていますが、写真をアップしておきます。

Northey market 2 018Northey market 2 014Northey market 2 011
Northey market 2 167Northey market 2 012Northey market 2 171
Northey market 2 159Northey market 2 016Northey market 2 179

子供たちがマーケットで楽しみにしているのは、買い物が終わった後に買ってもらえる、Organic Sausage Sizzle(ソーセージ・シズル)
ソーセージシゾルとは、食パンにBBQで焼いたソーセージとたまねぎをはさみ、トマトソース(ケチャップ)をかけて食べる、ホットドックのようなもの。


お目当てのものを片手に、Northey Street City Farmの広場に向う2人。
Northey market 2 036
あ、子供たちが通り過ぎたのが、Chai Cafeです。

Northey market 2 187Northey market 2 042

こちらでは、ティーやコーヒー、ソイラテ、手作りマフィンやケーキ、ミューズリーなど
オーガニック&ナチュラルなブレックファスト(モーニングティー)が楽しめます。

Northey market 2 046



Northey market 2 049Northey market 2 055

やっぱり早起きは三文の徳です!

Northey market 2 075Northey market 2 088

笑顔をさそう素朴な遊び。自然がおもちゃ代わりです。


次回は、Northey Street City Farmについてアップします!

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックいただけたら、すごく嬉しいです~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。
[20080511]
今日は、母の日。
早朝に、ダディーから電話がかかってきました。

『Happy Mother's Day! Hope you have a wonderful day!』

オーストラリアでは、母の日は子供だけではなく夫も子供たちの母親に感謝する日なのです。

マザーズデイのスペシャルランチに出かけたり、子供達と夫が朝食を作って、ベッドまで持ってきてくれる、ブレックファスト・イン・ベッドをプレゼントするファミリーも多いようです。

先週の金曜日は、Dのプレップのマザーズデイ・イベントに招待されて行ってきました。

教室に入ると、セットアップされた席に誘導され、座ると同時に、Dからマッサージのサービス。
テーブルの中央にはカーネーションが飾られ、お手製のプレイスマットと、モーニングティー・メニューが用意されていました。

フルーツポンチ、チーズとハムのトースティッド・サンドイッチ、そしてきれいにアイシングされたカップケーキをいただきながら、心温まるひと時を過ごした後は、子供たちからのお歌のプレゼント。

まだ生まれて5年しか経っていない幼い子供たちは、みんなとっても愛らしかった!


そして最後に、手渡されたのが、Dがペイントした扇子と、

Northey market 2 003

絵とメッセージ。
Northey market 2 005

『マミーはきれいで、やさしい』


や~ん、D !!!!  嬉しいこと言ってくれます♪
きっと今しかこんなこと言ってくれないのだろうけど、やさしくてきれいなマミーになれるようがんばろう!と思うのでした。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックいただけたら、すごく嬉しいです~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。


[20080508]
ほぼシングルマザーのような生活。あっという間に1日、そして1週間が過ぎていきます。なんだかんだしているうちにダディーが帰ってきて、ずいぶん放置してしまっているブログにやっとのことで今日、向き合えました。

家族なのにダブルライフ。これでいいの?なんてふと考えるときもあるけど、ダディーと過ごす濃厚な家族の時間を想うと、こんな形があっていいかも?と開き直ります。
オージーライフ、多少いい加減で、楽観的でないと生きていけない!うんうん、と頷いているオーストラリア在住者の皆さんありがとう!

さて、1ヶ月前のネタをだらだらと引きずりたくないので、今日が最終回。残りのネタを一気にアップします。

Dがフィッシングがしたいと言うので、バイロンからBallinaのフィッシュパークに連れて行きました。
私は、海で本格的に、ワイルドにいきたかったんだけど、5才と3才のリトルキッズには、釣堀のほうが、釣る楽しみを簡単に味わえるし、なによりお手軽。
byron bay 355byron bay 341
byron bay 332byron bay 344

フィッシングを始めて1分もしないうちにこんな感じで簡単に釣れてしまいました。まるで夜店の金魚すくいのようです。

Dのこの満面の笑み!よっぽどうれしかったのか、その楽しさをみんなに伝えたかったのか、デジカメで撮った写真をプリントアウトして、Show & Tellのネタとしてプレップにもって行きました。

*Show and Tell
生徒が自分の興味のあるものや、宝物などを学校に持って行って、クラスのみんなに説明するというスピーチレッスン。


byron bay 352

Eは、こんなちっちゃいのを釣りました!

さて、ところ変って、Bangalow。バイロンベイから2キロほど離れたこところにある、古くてアートな町。
19世紀終わり頃の町並みをそのまま残しているだけあって、アンティークでステキな建物がたくさんあります。古きよきものと新しいものがうまく交じり合い、独特な空間が漂っていました。

そのなかでも一段と際立っていたのが、レンガ造りのこの建物。
byron bay 310byron bay 311


カラーだとこんな感じです。
byron bay 307byron bay 318

1891年に開設された郵便局の面影をそのまま残し、今でももちろん郵便局として機能しています。

そのほかに、アンティークショップ、エスニック雑貨店、カフェ、レストラン、デリ、など、個性があって面白そうな店がたくさんありました。バンガロウの商店街は、小さいけど散策のし甲斐があります。

今回は、マーケット目的で行ったので、町の写真はこれだけ。
↓は、Bangalow Farmer's Marketの風景。
byron bay 300

早起きして行ったのに、Byron Bay Farmer's Market の小規模バージョンで少しがっかり。オーガニックを取り扱う店は断然Bryon のマーケットの方が多いので、オーガニック目当ての人には、バイロンの方をおすすめします。

byron bay 291そうそう。忘れちゃいけない。今回の旅行を陰でサポートしてくれたのが、マイエッセンスのトラベルセット。
手前から、普通肌用スキンケアセットミントのハミガキ粉ハーバルコンディショナーレモンマートルシャンプーヘアリペア
家族用のアメニティーセットがこんな軽量で持ち運びが便利だと身軽に旅行ができる!っていうのが今回はじめて使ってみた感想。
日本では携帯用のシャンプーやコンディショナー、ハミガキ粉なんて当たり前ですが、オーストラリアでは、(ニュージーランドもかな)大きいサイズのものをふつうに持ち歩いたりするんです。これからは旅行のお供にトラベルセットです♪




banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックいただけたら、すごく嬉しいです~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。


copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。