暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20070426]
ネタはいっぱいあるのに、ブログがなかなか 更新できません・・・
今日も、長男を幼稚園に送って行った後に、コミュニティーセンターの
インターネットをかりて、事務処理をこなしてます。お迎えは11時半。2時間半だけ一人の時間。とても貴重です。

さてさて、時間がなくなるので早くアップしないと・・・

先週の日曜日に、芦屋に住む伯母に母と子供達と一緒に会いに行ってきました。

阪急芦屋川駅前に、ナチュラルローソンを発見!
20070425201703.jpg話は以前から聞いていたんですが、実際にお店に入るのは今回が初めて。
普通のローソンとどう違うのか、興味深々で店へ突入。
『ブログに載せたいので写真とってもいいでしょうか』と店長に聞いてみると、『本社に確認したところ、許可できるかどうか、時間がかかるので・・・・』と断られてしまいました。(涙)

店頭に並んでいる商品は、普通のローソンのものとまったく違うんですね~。無添加やオーガニック、健康を意識したものがほとんど。
店内にはカフェスペースもあって、なかなかおしゃれな空間です。

こんなのがブリスベンにもあればいいのにな~

そんなこんなで、叔母の家に到着。伯母のお手製のランチをたらふく食べておなかが満たされたら今度は遊びの時間♪ た~くさんアンティーとおじいちゃん(子供達は伯母のことを“アンティー゜、おじのことを“おじーちゃん”と呼びます)に遊んでもらいました。

気が付けば、もう4時。
アンティーが駅まで送って行ってくれることに。

芦屋川駅までの帰り道、
路上で野菜が売られているのを発見!!
20070423214256.jpg

「有機JASマーク付なのに安い!」
オーガニックのアンテナを張ってる私がこれを見逃すはずはありません!
20070424070856.jpg

そこで、お店のお兄さんが、
「そうなんです!京都亀岡の農家から直接仕入れているのでお安くできるんです!」


私は、春菊(200円)と、お兄さんお勧めのしいたけを購入。

↓はお店のお兄さん
20070424071130.jpg

週に一回は亀岡の有機農家に手伝いに行くそうです。
将来は、有機農業をしたいと考えているそうです!

すばらしい!!!

毎週日曜日に(水曜日もやってるといってたような)
JR芦屋川駅のモンテール商店街(芦屋市西山町1丁目付近)の路上でおてごろでおいしい有機野菜に出会えますよ!

ちなみにここの春菊、すばらしいです!
口に入れた瞬間、香りが広がります。
こんなに美味しい春菊はなかなかお目にかかれないと思います♪

日曜日に、ぜひ足を運んでみてください!

スポンサーサイト
[20070422]
日本に帰ってきていることだし、子供達には和のスイーツを
食べさせたい!ってことでイチゴ大福を作ってみました。

先月買った、中島デコさんの
“中島デコのマクロビオティック パンとおやつ”からレシピを拝借。

20070420144418.jpg


このイチゴ大福のKeyとなるのがこのレーズンあん。
20070418202103.jpg

砂糖のかわりにレーズンで甘みをつけました。
レーズンの代わりにプルーンや干し柿、デイツを刻んで入れたり、米あめで甘みをつけても美味しくできるそうです。

アプリコット(杏)を入れてもよさそう。オーガニックのアプリコットは無漂白、無着色なので煮た小豆と同化しそうだし。

20070418202330.jpg


見た目は普通のイチゴ大福となんら変りありません。
お味のほうは、レーズンの自然な甘みがイチゴの酸味をほどよく際立たせていました。

オーストラリアでは、オーガニックの素材を使ってよくスイーツを作ります。普通のレシピにアレンジを加えるだけなんですが。

たとえば、牛乳のかわりに豆乳。
砂糖のかわりに米飴(Rice Malt Syrup)、メープルシロップ、蜂蜜、ドライフルーツ、アップルジュース。
小麦粉の分量の半分を全粒粉やスペルとフラワーに、ってな具合です。

日本でマクロビのレシピ本をたくさん手に入れた事だし、これからは
もう少しマクロビオティックの理論に忠実にやってみてもいいかな、
と思ってます。


[20070417]
20070404093521.jpg

オーガニック、健康、ヨガ、アロマセラピー、マクロビオティックス、環境問題、精神世界・・・
今、私が関心があること。

紀伊国屋なんかに行ったら、もう出てこれないです。24時間でも足りない。泊り込みたいぐらい(笑)

今の時代、インターネットでなんでも調べられるとはいえ、日本語の活字や日本の情報に飢えている、と言うのが本音。

↑の写真は、日本に戻った翌日に買った本。
クロワッサンの ビオ マクロビオティックライフ。
健康マクロビレシピが113も載ってます。

マクロビオティックは、オーガニックを選ぶようになってから興味を持ち、言えば、美味しいとこどりをしている状態。できるだけ玄米菜食を心がけているんですが、
私は乳製品、肉、魚も多少は食べます。

乳製品大国出身の肉食人種の夫との生活で、肉や乳製品を100%否定する事はではできないのですが、無理なく、できることからマクロビを取り入れて行こうと思ってます。

そして隣の写真は、あのミリオンセラー本、「病気にならない生き方」の実践編。
前回の帰国時に手に入れた“第一弾”では予防医療の重要性を再確認しました。

日本は健康関連の書籍が充実していているので驚かされます。
どれがいいのか迷ってしまうけど、私は一つに固執することなく、自分なりに勉強して自分に合う健康法を見つけたいと思ってます。
[20070414]
気が付けば、ブログを2週間も更新してません・・・・・・。
でも実は、未完成の記事が3つほどブログ内に保存されている状態。
バタバタと忙しくて、コンピュータの前に向かうのが難しいのですが、
これから少しずつアップしていきます。

↓は、大阪天満橋にあるマクロビオティックスカフェ、「PRANA」の写真。

20070414195923.jpg

20070414172004.jpg

この日は、大阪でオーガニックセミナーが開催される日。
私と同じ時期にブリスベンから日本に帰ってきた、お友達のラッセル和代さん
彼女のウェブサイトはこちら
とセミナーの前にこのカフェで待ち合わせしました。

日本でブリスベンのお友達に会えるなんて、なんかとても新鮮な感じ♪

↓は、私がオーダーしたイチゴのパウンドケーキと穀物コーヒー。
20070414174610.jpg


パウンドケーキにはおからが入っていて、砂糖や卵・バターなどの動物性蛋白質が
一切使われていません。
素材の味が際立ったおいしいマクロビケーキでした。

穀物コーヒーは、今回が初体験。チコリ、小麦、麦芽、いちじく、どんぐりからできているんですね。とても飲みやすくて胃にもやさしい。

そして3時間ほどじっくりお話した後、セミナー会場に向かいました。
ワングループの取締役のアルフから直接話が聞けるとあって、
私もかなり楽しみにしてたのです。
セミナー後は、アルフと参加者数人で、またまたマクロビカフェPRANAで
会食をしました。(写真を撮り忘れました。(泣))

参加者の皆さんも素敵な方が多くて、ほんとに充実した一日でした♪
[20070404]
日本に帰ってきて、気が付けばもう2週間が経ってました。
こちらでの日課がまだないので、子供達を公園に連れて行ったり、ショッピングしたりと、
ずっとのんびり過ごしてます。

日本のスーパーマーケット、楽しいですね~
私は、実家から徒歩10分ところにあるカルフールによく行くんですけど、
オーストラリアでは決して見かけることのない、旬の野菜や魚達を見てるだけでワクワクしてきます♪


カルフールはイオングループに買収されてからも、カルフール直輸入商品を扱っているので、
店頭には数々のフランス(ヨーロッパ)の食料品が陳列されているんですね~

店内をくまなくチェックするとヨーロッパのオーガニック食品に出会えますが輸入品だけあり
お値段は高めです。
20070404121418.jpg


この日は子供達のために添加物の入っていないお菓子を探していたのですが、
これ結構難しいんですよね。どれも保存料や乳化剤、香料や着色料がはいっていて、
なかなか買いたいと思うものが見つからなかったんだけど、輸入菓子コーナーで無添加の
ビスケットを発見!

写真の真ん中がそのビスケット。ベルギー王室御用達というシールが貼ってあります。
オーガニックではないのですが、100%ナチュラルな材料で作られています。
お値段は398円で決して安くはないけど、薄焼きで(タンサンせんべいの食感に少し似ているような)香ばしく、美味しいビスケットでした。

写真上は、有機豆乳は有機JAS認定マーク付で218円。
これは普通の豆乳と値段がほとんどかわりません。ちなみに同じメーカーの有機大豆を使った(JAS認定を受けていない)調整豆乳も同じ値段。

そして写真下はトップバリュー・グリーンアイの有機レーズン。こちらもJAS認定付で298円。
(240g入り)

TOPVALU(トップバリュー)といえばイオンの自社ブランドで、添加物使用の削減や環境負荷の少ない原材料・梱包を使用しているなどに取り組んでいることで知られていますね。

トップバリュー・グリーンアイの5つの基準は

1. 人工着色料、人工保存料、人工甘味料を使わない食品を扱う。

2.化学肥料、農薬、抗生物質などの化学製品の使用を極力抑えて生産している。

3.適地・適期・適作・適肥育など、自然力による美味しさを大切にする。

4.環境や生態系の保全に配慮した農業をサポートする。

5.自主基準に基づき、生産から販売までを管理する。

日本にも、自社ブランドを持ち、オーガニック・ナチュラルを扱っている大手スーパーマーケットが
あったんですね!!!

日本のオーガニック食品は高いものだとばかり思っていたのですが、意外と
ノンオーガニックとあまり変わらない値段で手に入るものもたくさんあるので驚きました。
それだけ、日本人の健康に対する関心度が高くなってきていて、需要も増えてきているのでしょう。

私はオーストラリアの大手スーパーColesのオーガニックブランドをよく利用します。
その理由は、値段が比較的安いと言う事以外に、リスクを背負ってオーガニック
(人や地球環境にやさしいもの)を取り扱う企業ををサポートしたいからです。

社会的認知度の高いスーパーマーケットでのオーガニック商品の売り上げが上がるとどうでしょう?
それに伴い商品の価格が下がりますし、そうなると必然的にオーガニックが世の中に
浸透していきますよね?

だから、無理なく買える値段であればぜひオーガニックを選んでほしい!と思います。


ちなみに、イオンのトップバリュー・グリーンアイは
有機をはじめとする、環境にやさしい農業を推進する農業生産者に対して、都道府県知事が
認定する「エコファーマー」の認定を受けた農業生産者と力を合わせて、それぞれの地域の
土地にあった品種や育て方で、旬の農作物を、その地域の顧客に」届けるという
「地域循環型農業」を基本にした野菜づくりを進めているんだそうです。

人や環境にやさしい企業を応援したいですね。

copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。