暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20070225]
CIMG1985.jpg
Narada Organics Dandelion Mint & Ginger

ダンデライオン とは西洋タンポポのことで、フランス語の「dent de lion」
(葉の形がギザギザしているのを 「ライオンの歯」に見立てた)に由来するそうです。
タンポポの葉っぱのお茶ですね。

より詳しく調べてみると・・・・

ヨーロッパでも東洋(漢方、民間薬)でもさまざまの薬効があるとして、
全草(葉も花も一緒に)を 健胃のほか、整腸、利尿、発汗解熱、強壮、
胆汁分泌促進に用います。
とりわけ、根や葉茎を傷つけると白い乳状の粘液が出ることからか、
東西ともに”催乳”や乳腺炎に 有効としてきましたが、アメリカの
学者の研究によると、実際に乳汁分泌の効果があると言われています。



ということは、妊婦さんにもお勧めですね。

こちらもACOオーガニック認定商品です。
成分は:オーガニック西洋タンポポ(タンポポの葉)50%、ミント20%、
ジンジャー(15%)、シナモン。 

ミントとシナモンがよく効いた独特な味がします。

ストレートで飲むのが一般的ですが、 小さじ一杯のハチミツを入れるとまた
違った楽しみ方ができるようです。

スポンサーサイト
[20070220]
先週末、お友達のお家に招待され、家族4人でお邪魔して来ました。

ブリズベンシティーから車で35分ぐらい離れた“Victoria Point" は、海が近くにあり、道も広々としていてとっても素敵なところでした。


お友達のEさんは、お料理がとっても上手で、『作れないものないんじゃない??』と聞きたくなるほど、なんでも手作りしてしまう人なんです。

家庭菜園は言うまでもなく、ハム、味噌、納豆、パン、パスタ、ジャム、ビール、ジンジャービアー、ケーキ・・・・言い出したらきりがありません。

彼女が作ってくれたランチのメニューは:

・フムス/Hummus(ヒヨコ豆とタヒーニでできたディップ)
・スパイシーピーナッツディップ
・オーガニックキャロット、きゅうり、チップス
・手打ちパスタのペストソース和え
・オーガニックソーセージ
・手作りパン
・パイ生地でできたフレンチケーキ

ほとんどがオーガニックの材料でできたお手製料理の数々。
どれも期待を裏切らない美味しさでした♪


そして私が特に魅了されたのが、↓の“パーティー・ブロット”というパン!

CIMG1895.jpg

とってもきれいでかわいいパンでしょ?
これは、ドイツのパンだそうで、“ブロット”とはドイツ語でパンという意味なんですって。ドイツではこのパンをパーティーなどのおもてなしのときに作るらしいです。
パンの上に乗っかっているのは、パンプキンシード、フェンネルシード、ひまわりの種、ゴマ、ポピーシード、などなど。

彼女のご主人はスイス出身。ブリスベンに来る前は家族でジュネーヴに住んでいたそうで、本当に国際色豊かなんです。(夫婦の会話はフランス語、旦那さんと娘さんはフランス語、彼女と娘さんは日本語、そして社交の場は英語。これだけでも私からしたらすごいのに、最近娘さんと一緒にスペイン語を習いだしたそうです。もう脱帽!)

スイスは主にドイツ語圏とフランス語圏に分かれるので、どちらの文化にも精通している彼女にはほんと学ぶことがいっぱいです。

CIMG1886.jpg


↑はシャボン玉で遊ぶ子供たち(左からMちゃん、うちのEとD)


放し飼いの鶏の抱き方をMちゃんに教えてもらっているD。
CIMG1934.jpg



家庭菜園して、ニワトリを飼い、オーガニックの新鮮な野菜と卵が食卓に上がる。何十年も前はみんなこんな生活を送っていていたんですよね。

Mさん家族の日々の生活には、小さな幸せがいっぱい詰まっているように感じました。派手ではなく、シンプルだけど、内容の濃い日々を楽しく生きる。これこそ私が理想とするオーガニックライフスタイルです。

余談:Mさんからいただいた産み立てのオーガニック卵を卵がけご飯にしていただきました。これは絶品!
オーストラリアの卵は生食用ではないので、卵がけご飯はとっても贅沢な食べ物なんです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

[20070208]
CIMG1186.jpg

久しぶりにオーガニックワインのご紹介です。
(前回の記事は
こちらです。)
HAWKWIND 2004 SHARIZ Organic Wine Cowra Region
Product of Australia $18.99

ラベルがとてもステキだったので思わず買ってしまった1本。
でもACO認定ロゴ付の歴としたオーガニックワインです。

CIMG1200.jpg

とってもまろやかで飲みやすいワインでした。
ワインの入手先は前回と同じ、Paddington の
セントラルショッピングセンターにある、
EMBASSY Wine Stores Paddington cellarsです。
[20070202]
とってもショッキングなニュースを目にしてしまいました。

栃木県の上都賀(かみつが)農協(鹿沼市)が出荷したイチゴ「とちおとめ」から基準値の約9倍に当たる殺虫剤が検出されたそうですね。

15日出荷した8,380パックと16日から30日までに出荷した回収不可能なか約56万パック、計56万8千3百80パックの基準値を超える農薬付のイチゴが消費者の口に入ったことになります。

なんとも恐ろしい・・・

同農協は「食べても1日10個以下であれば、摂取許容量は超えない。長期間食べ続けなければ問題ない」とコメントを出していますが、私はこのコメントが理解できません。

これは、人が日々の食事で口にする食べ物に残留農薬や添加物が全く含まれていないことを仮定した場合のことなのでしょうか?

“摂取許容量は超えていないから安全だ”ということは絶対ありません。残留農薬の有害性が目に見えないのをいいことにこんな無責任なことが言えるんですね。

不二家の不祥事もそうですが、食品の安全性が問われるニュースが最近多いですよね。でもこれ、日本だけの問題ではないです。オーストラリアでもよくある話です。


自分や家族を守るには、安全性を見極める力と情報が必要だな、と
つくづく感じました。
copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。