暮らしの中で見つけたオーガニック&ナチュラルやココロとカラダと環境にやさしい生活、オーストラリアのオーガニック製品について。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20101007]
DSC_2261_convert_20101001220156.jpg

長女Eの腕の長さほどあるオーガニック大根。

Sunday Organic Markets の卵屋さんで見つけて、思わず飛びついてしまいました。

いくらだと思います?

なんと1ドル!

オーガニックなのにありえない価格です。

Sunnybankのアジア食品店でも、これぐらい立派なサイズのもの(ノンオーガニック)
だと、5ドルは下りません。

世界進出して、MizunaやShiitakeのように世界共通語になっているDikonだけど、
Organic Marketでは、ヴェジタブルスティック用の細い大根が主流で、料理用の
大きな大根は、あまり人気がないようです。

このマーケットの顧客の大半がシティー周辺に住むヨーロッパ系オージーだからなんでしょうね。


「お店の人は、“こんなものよ”みたいなこと言っていたよー。」とマーケット仲間に話すと、

「そんなに、安い!安い!って騒ぐと、来週から値上げされるかもよ~。」と

御尤もな意見。

その日の客の反応や、相場を確認してから、値段を調整しているお店をよく見かけるし。

今週の日曜日も$1で大根が買えるといいな~。


banner_04[1].gif
↑ブログランキング。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキング。


↑シドニー・ブログランキング。

スポンサーサイト
[20100510]
ブリスベンに戻ってあっという間に一週間が過ぎていることに少し焦りを覚える今日この頃。

急遽決定したパースでの旅ですが、夫婦水入らずで楽しむことが出来たのは、もうただの
“お隣さん”ではなく、今やファミリー的存在のRとKが期間限定の母親+父親業を買って出てくれたお陰。
二人の厚意に心から感謝です。

さて、前回の記事で、ここに出没するといいましたが、移転準備のため、休業していると
いうことで、代わりにCBDから南西に約19キロ離れた港町フリーマントルにある、
Fremantle Marketsに行ってきました。

1897年から続く歴史あるマーケットは見所が多すぎて、写真のことなどすっかり忘れて
夢中になってしまいました。。。



DSC_0978_convert_20100505085350.jpg

DSC_0964_convert_20100505090200.jpg



DSC_0947_convert_20100505193123.jpg


DSC_0970_convert_20100505091140.jpg


DSC_0967_convert_20100505091806.jpg
Levi's Organic Doughnuts

DSC_0961_convert_20100505112844.jpg
Sunny Wholefood

DSC_0948_convert_20100505192145.jpg

DSC_0976_convert_20100505085536.jpg


帰る間際に急いで撮った写真では、このマーケットの面白さが伝えられないのですが・・・


他にも、ローフードのお店、ヴィーガン・タイ料理の店、キャンドルショップ、日本のラーメン屋、手作りジュエリー、手作りの木製玩具、雑貨、工芸品など、折衷的な雰囲気が魅力のマーケットでした。



banner_04[1].gif
↑ブログランキング。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキング。


↑シドニー・ブログランキング。

[20090527]
“今回の小旅行で一番楽しかったことは何?”とダディーに聞くと、Eumundi Markets
という答えが返ってきたのには驚いた。

大のマーケット嫌いの彼が、ヌーサの息を呑むほど美しい海よりもシーフード一色の
バースディディナーよりも楽しめたと言うのだから、このマーケットの魅力は相当なものだと思う。

PICT0065_convert_20090520213959.jpgPICT0071_convert_20090520213624.jpgPICT0059_convert_20090520214140.jpgPICT0068_convert_20090520214425.jpgPICT0045_convert_20090520214653.jpgPICT0062_convert_20090520214849.jpg

Eumundi Marketsを特徴付けているのが、アートやクラフト系のお店。
額つきの絵画や、彫刻、どでかいオブジェなどの作品を自ら販売している地元の
アーティストと言葉を交わすのもなかなか面白いもの。
その他にも、おもちゃ、マッサージ&ナチュラルセラピー、野菜や果物、パン、
スイーツ、手作りジャムやディップ、パンケーキ、エスニック系の屋台、変り種で、
日本のお好み焼きなんかもあって、ここで全ての用を足せるぐらい。


私が個人的に、応援したいお店が、Trish & Bruno Fresh Home Grown Vegi's
PICT0049_convert_20090523081625.jpgPICT0047_convert_20090523081042.jpgPICT0050_convert_20090523081404.jpg
自家製の野菜や果物には農薬を使わない代わりに、害虫を退治するバクテリアを散布するのだそう。
これを聞いて、ふとマイエッセンスの多目的クリーナー、バイオ・ピュアを思い出した。

値段は再確認してしまうぐらいリーズナブル。レバニーズ・キューカンバー(きゅうり)が一本50セント、
3株入ったブロッコリーがたったの2ドル!
個人のローカル・グローアーだから、オーガニックの認定を受けているわけではないのだけど、深い愛情と信念を持って健康に育てられた野菜や果物の輝きは一目瞭然。

やさしさが体中から溢れ出ているようなブルーノというおじちゃんとトリッシュというおばちゃん夫婦。
こういう人たちと一日の始まりをシェアできると、その日一日中、穏やかな空気に包まれて過ごして
いるような気分になる。

マーケットの良し悪しは、販売している人の人間性がとても反映されるなー。

大通りには、こんな古くてかわいらしいお店が立ち並ぶ。
PICT0085_convert_20090519214103.jpg

PICT0081_convert_20090520212258.jpg


あ、そうそう。以前にブログで紹介した、ヌーサにあるOrganikaに今回も足を運んだのだけど、ヴィンテージ・ヴィネガーのコレクションがあったりと、(10年~20年もの)、ブリスベンのオーガニックショップにはないカラーが出ていた。
ヌーサの土地柄に合った店作りをしているのが魅力かな。


banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!

*スパム防止のため、コメントは承認制にしています。
[20090211]
soup+and+mineral+fundation+249_convert_20090210093452.jpg


Gold CoastのOrganic Farmer's Market
ここで日曜の朝を迎えました。
ブリスベンのNorthey Marketをイメージしていたからちょっと物足りないかな?
でも、Byron Bay Farmer's Marketのように、一日のスタートをここで切る喜びを感じられるマーケット。

買い物に付き合わされるのが大嫌いなダディーでさえ、このやわらか~い、あたたか~い雰囲気に癒されていたのだから行った甲斐があったというもの。青空の下で飲んだラテも格別だったそう。

Kiwiの友人Tが、「Organic Loverは、ほんとマーケット好きなんだね。すごく楽しそうだよ。
いつになくニコニコしてるもん。」だって。

マーケットに来るとリチャージされると言うか、ココロが清く美しくなるように感じるのです。
この日は、Tとダディーが子供達の相手をしてくれたのでストレスフリー!そりゃ笑顔も弾けます。

soup+and+mineral+fundation+244_convert_20090210094916.jpg



soup+and+mineral+fundation+289_convert_20090210100933.jpg


この日の最大の収穫は、今が旬の甘くてジューシーなブラックプラム。
私がお世話になっているオーストラリアの野菜と果物の手引書、the FARMERS MARKET companionには、「プラムは11月から4月までが旬で、2月が旬のピーク」だと書いてあります。また保存方法は、「傷が付くので重ねないこと。常温で保存し、ぐにゃぐにゃと軟らかくなってきたら冷蔵庫に入れるとそこから2、3日は持つ」のだそう。




マーケットの野菜と果物で作ったランチ。

soup+and+mineral+fundation+270_convert_20090210101529.jpg

野菜たっぷりのベジタブル・フライドライス、全粒粉のクラッカー、デイツのドライフルーツ、トマト、そして
プラム。二人ともランチボックスの中身を空っぽにして帰って来ました。



*スパム防止のため、コメントは承認制にしています。

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングも見てね!





[20080523]
先週の日曜日。いつも通り5時起床で、Northey Street City Farmで開かれる、Organic Marketに行ってきました。

我が家からウィンザーのマーケットまでは車で30分ほど。
日本に住んでいたときは、早朝から、時間をかけてマーケットに行くなんて考えられなかったけど、オーストラリアのような大きな国にいると、30分の運転なんてどうってことありません。
空いたハイウェイをかっ飛ばし、朝のフレッシュエアーを思う存分浴びると早起きは三文の徳だ!とつくづく感じます。
(制限速度は遵守です!ご心配なく!)

さて、Northey Marketは、以前にも記事にしていますが、写真をアップしておきます。

Northey market 2 018Northey market 2 014Northey market 2 011
Northey market 2 167Northey market 2 012Northey market 2 171
Northey market 2 159Northey market 2 016Northey market 2 179

子供たちがマーケットで楽しみにしているのは、買い物が終わった後に買ってもらえる、Organic Sausage Sizzle(ソーセージ・シズル)
ソーセージシゾルとは、食パンにBBQで焼いたソーセージとたまねぎをはさみ、トマトソース(ケチャップ)をかけて食べる、ホットドックのようなもの。


お目当てのものを片手に、Northey Street City Farmの広場に向う2人。
Northey market 2 036
あ、子供たちが通り過ぎたのが、Chai Cafeです。

Northey market 2 187Northey market 2 042

こちらでは、ティーやコーヒー、ソイラテ、手作りマフィンやケーキ、ミューズリーなど
オーガニック&ナチュラルなブレックファスト(モーニングティー)が楽しめます。

Northey market 2 046



Northey market 2 049Northey market 2 055

やっぱり早起きは三文の徳です!

Northey market 2 075Northey market 2 088

笑顔をさそう素朴な遊び。自然がおもちゃ代わりです。


次回は、Northey Street City Farmについてアップします!

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています!1クリックいただけたら、すごく嬉しいです~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングも必見!


↑シドニー・ブログランキングでもがんばってます♪

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。
[20080419]
私の大の楽しみ、マーケット(朝市)。
バイロンベイにも、オーガニックの野菜やフルーツが手に入るバイロン・ファーマーズ・マーケットがあります。
ラッキーなことに、開催日が私たちの出発日の木曜日だということがわかり、
スタート時間の8時に間に合うように、6時過ぎに家を出ました。

byron bay 003

ブリスベンのマーケットと比べるととてもこじんまりしています。

オーガニックマーケットではないのに、ACOなどのオーガニック認定を受けている野菜や果物を取り扱う店が多いこと!やはり、バイロンベイではオーガニックがかなり浸透している様子。
byron bay 005byron bay 007byron bay 050
byron bay 020byron bay 046byron bay 039

その名の通り、ここはファーマーズ・マーケットで、農家が収穫物を直接売りに来ていると言う感じ。どこも専門店なのです。

たとえば、葉物野菜専門、ガーリック&ジンジャー専門、ハーブ系専門、と言った具合に。


私がこの日購入したのは、

ロケット、コリアンダー、アイスバーグ・レタス、フリーレンジの卵、ガーリック、スモーク・トラウト(鱒)、スモーク・トラウトのパティ、マッシュルーム、カラマタオリーブ、などなど・・・あ、それと

エコバッグ!
byron bay 428



野菜はどれも前日か、その日の朝に収穫されているのだろうけど、特に、アイスバーグレタスは、鮮度ぴか一!瑞々しく、とってもクランチーでした。

ACO認定済みのオーガニックガーリックもとっても新鮮で、ナイフで切るとジュースがジワーと溢れてくるほど。

スモークトラウトのFisherman's bounty は、不要になった鱒の皮をリサイクルを兼ね、ドックフードに加工して販売しています。環境にもやさしいでけでなく、ワンちゃんもオメガ3の恩恵を受けられると言うわけです。


なぜか、地面には、カラフルな花びらが落ちていました。これもマーケットの演出なのでしょうか?花屋さんでしょうね、明らかに。
byron bay 052byron bay 024

それを見てはしゃぐ子供たち。

ダディーにお目当てのホットチョコレートを買ってもらって、
byron bay 008byron bay 013byron bay 012

あー、あ、お口の周りがココアだらけ・・・・

こちらも負けてません!
byron bay 055

かなり美味しいホットチョコレートだったってことが窺がえます(笑)

まだまだ続く!

banner_04[1].gif
↑ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングにもクールなブログがたくさん!ランキングも見られます!


↑FC2ブログランキングも必見!

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。
[20080310]
週に1回のマーケット(朝市)での買出し。
ダディーがいない今、子供たち二人とも連れて行かないといけないので、
これがまた大変なんです。

大量の荷物を持ちながら、どうやって二人を監視するのか、
考えただけでも恐ろしい~
これからのマーケット通いは、半分あきらめていたのだけど、
試しに、Eをプッシュチェアーに乗っけ、Dの手を引いて、行ってみることにしました。

意外や意外、Eは、もう今はほとんど乗らなくなったプッシュチェアーで
借りてきた猫のようにいい子にしているではありませんか!

“これだったら、なんとかなる!”

体力は要るけど、安全で、新鮮で、美味しいオーガニックの野菜や果物を
少しでも安く手に入れるには、マーケットしかないのです。

先週末は、久しぶりに、Windorにある、Organic Northey Marketに行ってきました。
ここは、オーガニックのみのマーケットなので、安心して買い物ができます。

最近は、ウェストエンド・マーケットのオーガニック・ベジショップで野菜や果物を買っていたのだけど、
やっぱり、ここは、品数も多い!
オーガニック専門のマーケットだから、普通のマーケットより規模が小さいし、なにより人の数が少ないから子供連れの私にはありがたい。

これからは当分、Northey Market に通うことにしよう。


写真は、買ってきたばかりの新鮮なフルーツ。
手間隙かけて大切に、そして健康に育てられた果物は
こんなに生き生きしているんですね。

market  b party 006


そしてこちらは、この日のランチ、ロケットとプロシュートのサラダ。

market  b party 015


サンドライトマト、カラマタオリーブ、トマト、赤たまねぎ、庭で育ったパセリが入っています。
ドレッシングは、バルサミコ・ビネガーとオーストラリア産のエクストラバージン オリーブオイル
cobram estate murray valleで作りました。
オリーブオイルは、料理や気分によって使い分けてます。
同じcobram estateの lemon twistollo Austrarian Extra Virgin Olive Oilもとてもフルーティーで美味しいです。

3人暮らしになってから玄米菜食のほぼベジタリアンの生活を続けていたからでしょう。
Dが、『マミィー、にく たべたいよ~』なんて言うのです。

いきなり食卓から肉を省いたのですから、彼のリクエストに答えないわけにはいかず、ヨーロッパ系の無添加ハム・ソーセージ屋さんで、ハムやソーセージなどを少量買ってきました。

そして↓は、今晩作った、ブロッコリーとパインナッツ&サンドライトマトのパスタ、プロシュートのせ。
market  b party 090


オーガニック・ブロッコリーは自然の甘みがあってそのままでも十分なぐらい。
プロシュートなんかいれなくても、ガーリックとサンドライトマトですごくいい味が出てました。


今週末のマーケットでは、どんなに新鮮な野菜と果物が手に入るのか楽しみです。





banner_04[1].gif
↑クリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログランキングにもクールなブログがたくさん!ランキングも見られます!


↑FC2ブログランキングも必見!

■相互リンク大募集■
オーガニック健康生活 in オーストラリアと相互リンクして下さる
ブログ(ホームページ)を募集しています!
画面右下のメールフォームまたは、コメント欄からご連絡下さい。


[20061116]

CIMG0282.jpg
先週の土曜日に、WindorのNorthey Street City FarmにあるOrganic Marketに行って来ました。
写真は、ここで買った野菜や果物たち。


⇒ 続きを読む
copyright © 2005 Organic Lover all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

Organic Lover

Author:Organic Lover
オーストラリア・ブリスベン在住6年目。8才の息子、6才の娘、NZ人の夫と私の4人家族。

オンラインショップ

世界で初めて食品基準のオーガニック認定を受けたオーストラリアのオーガニック・スキンケア、ヘアケア、ボディーケア、化粧品、健康補助食品の閲覧・ご注文は↓の画像をクリックしてお入りください。

GetAttachment[4]

アレルギーでお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎などの症状緩和が期待できるオーガニック製品。

マイエッセンス

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

QRコード

QR

リンク

エコ系リンク

  • パテントエコネット
  • エコロジーオンライン
  • WWF Japan
  • 環境goo
  • ハチドリ計画
  • 日経Ecolomy
  • デヴィッド・スズキ・ファンデーション
  • Green Pages Australia
  • The Green Belt Movement
  • True Food Network
  • フードマイレージ・キャンペーン
  • 人と地球にやさしいビジネス

    オーガニックビジネス

    Organic Lovers

    GetAttachment[4]

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。